ホップガーデン ブルワリー

コンセプトは、「人」×「もの」×「こと」を繋ぐブルワリー。

 

 「ホップガーデンブルワリー」は、東日本大震災の影響で一時避難地区となり、ほぼ休眠状態となってしまっていた福島県田村市の公共施設「グリーンパーク都路」内の建物を一部改修し、開設されたブルワリー(ビール醸造所)です。

 

 

単なるブルワリー経営だけではなく、地産ホップを使ったビールで、1次産業から6次産業化に繋げていくサイクルを一つの街で展開することで、「人」×「もの」×「こと」を繋ぐ活動に取り組んでいます。

ブルワリーではホップの収穫から実際にビールを飲むところまで体験することができ、ホップをふんだんに使用した高品質なビールを常時7種類程度提供されています。

 

自然豊かな阿武隈高原の広大な敷地にはオートキャンプ場を始め、アウトドアを楽しめるスポットがたくさん! 

ご家族連れでのお出かけにもおススメのスポットです。

 

  

             田村市都路町            

                  HOPJAPAN ホップガーデンブルワリー